あがり症を克服するには!TOP > あがり症について > あがり症に効く薬とは?

あがり症に効く薬について

あがり症に効くと言うよりも、あがり症によって起こってしまう症状を抑えることができる薬があって、医師の診断を受けることで処方してもらうことができます。

まず、βブロッカーという薬がありますが、このβブロッカーは、心臓に病気を持っている人などによく処方される強い薬でもあります。

あがり症になると、緊張や不安から心拍数が早くなり、さらに体が緊張状態になってしまいます。

βブロッカーは、この心拍数の上昇などを抑制してくれる効果が有るとされており、あがり症の内服薬として処方されることがあります。

また、抗不安剤という薬を処方されることもあり、抗不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)剤は症状が表れた場合にのみ、服用することが医師から許可される事が多いはずです。

ただし、抗不安剤は依存性が強いことが多い薬でもある為、毎日服用することはほとんどされず、数日間間隔を空けて服用する事が最低条件と言えます。

副作用があるとも言われている非常に強い薬ですから、医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の話をしっかりと聞き、いつ、どのような場合に服用していいのかということをきちんと頭に入れておきましょう。