二重まぶたに自力でする方法TOP > 一重まぶた > 蒙古ひだって何?

蒙古ひだについて

蒙古ひだ」って聞いた事、ありますか?
始めて聞く方も多いかもしれませんね。

蒙古ひだとは、普段あまり聞き慣れない言葉なのですが、
上まぶたの内側から目頭にかけて涙腺を隠すように覆いかぶさった皮膚の事です。

寒冷地に適応する為に進化した人種が「蒙古」と呼ばれているモンゴロイドや
黄色人種ですが、この蒙古ひだは蒙古特有の物で西洋人には全くないでしょう。

一説によると、冷たい外気から目を守る役割があるでしょうね。

日本は多種民族が混じりあった国とはいえ、日本人もモンゴロイドに属すると
言われているので、割合的にもこの蒙古ひだ持っている方が多いものですね。

蒙古ひだのせいで、

・目が離れているように見える
・目が小さく見える
・せっかくの二重ラインも奥二重になってしまった


など、悩まされる方もいます。

けれど、スッキリとした印象を与えてくれる目元でもあります。

蒙古ひだがあるかどうかは、自分で鏡を見て気軽にチェックする事が出来るので、
気になるようでしたらちょっと鏡を覗いてみましょう。

目の真ん中に黒目があって、
その鼻側の白目は端まで行くとピンク色の肉なります。

もし、この端にあるピンク色の肉が見えないようであれば、
蒙古ひだがあって隠されていると言う事になります。

一重まぶたの方でしたら、ひょっとすると、この蒙古ひだが原因で
一重まぶたになってしまっているかもしれません。